画期的なダイエット法|ベイザーという強い味方

安全な整形手術を受ける

医者

美容整形を受ける人が多い時代になっています。しかし、整形手術を受けた後元に戻すことは容易ではありません。事前の入念な打ち合わせが必要です。クリニック選びには、再治療保障制度や、豊富な実績があるところを選ぶと良いでしょう。

More Detail

回復の早い脂肪吸引

女性

血管や神経を分離

脂肪吸引では、しばしば多くの出血や施術後のしびれなどが生じます。これは、脂肪を抜き取る際に、それに絡みついている血管や神経に傷がついてしまうためです。血管も神経も徐々に回復していくので、出血は止まりますし痺れもなくなっていきますが、それまでにはある程度の期間が必要となります。そのため昨今では、脂肪吸引にベイザー波という一種の超音波が使われるようになっています。ベイザー波をあてると、振動によって脂肪は乳化し、溶けたような状態になります。これにより、脂肪組織の内部にあった血管や神経が分離し、脂肪のみを安全に吸引できるようになるのです。血管や神経が傷つかない分、体が早く回復するため、ベイザー波を使った脂肪吸引は注目を集めています。

周辺部位の脂肪も乳化

ベイザー波は、基本的には脂肪を吸引する部位にのみあてられますが、それによる振動は、周辺部位にもある程度は伝わります。つまり、周辺部位の脂肪も多少ですが乳化することになるのです。そのため施術後には、脂肪を抜き取った部位に、周辺部位から脂肪が流れ込んできます。脂肪吸引では、施術部位のみが細くなることで、その周辺部位との間に段差が生じることがあります。しかしベイザー波を使えば、周辺部位から多少ですが脂肪が流れ込んでくることで、それぞれの部位の間には段差が生じにくくなります。つまり、なめらかで自然なラインの仕上がりとなるわけです。安全性が高い上に美しく仕上がるため、多くの人がベイザー波を導入している美容外科での脂肪吸引を希望しています。

自分の脂肪でバストアップ

胸元

自分の脂肪でバストアップ出来る豊胸手術を脂肪注入法と言います。自分の脂肪でバストアップ出来るので、見た目や触り心地はとても自然となっています。ただ、施術後1年間はサイズダウンを予防する為、ダイエットは控えましょう。

More Detail

バストを再建するには

バスト

乳房再建は、任意保険の給付の対象になることもあります。このような保険に加入していれば、乳癌の手術と同時に再建が進めやすくなります。適した乳房再建法は年齢によっても適用が変わるため、慎重な判断が必要です。

More Detail